ファーストリッチ投資顧問

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせはコチラ

弊社専属プロアナリストが対応

保有銘柄に関する
様々なお悩みを解決!
《完全無料》で、銘柄相談に
お答えさせて頂きます。

無料銘柄相談スタート!

情報詳細

  • NYダウ約9か月ぶりの安値水準…どうなる日本株!?


    週明け17日のニューヨーク株式市場でNYダウは大幅続落して、前週末比507.53ドル安の2万3592.98ドルで取引を終え、約9か月ぶりの安値水準となりました。
    あわせてハイテク株主体となるNASDAQは156.94ポイント安の6753.73と3営業日続落となっています。

    これを受けて東京市場も初動から大きく売られる展開が予想され、CME225先物が2万1085円だったこともあり、2万1000円手前からのスタートが見込まれます。
    心理的節目となる2万1000円が下値メドとして意識されそうですね。

    ただし、NYダウの週足チャートみると現在100週線(2万3526.06ドル)手前で止まっており、ここを反発ラインとして戻してくる可能性は十分にあるでしょう。

    個別テーマとしては、国策でもある国土強靭化関連、次世代通信規格5G関連、直近動きも多いキャッシュレス決済関連などに注目しています。

最新情報一覧へ戻る